高校卒業してから、すぐに U.S. Coast Guard (沿岸警備隊)に入隊しました。

仕事の関係で、日本の硫黄島に派遣されました。

その小さな島で海上自衛隊の自衛官たち

と接することになり、それがキッカケで

私の日本語の勉強が始まりました。


Japanese is completely different from the vast majority of

European languages, and when I first saw the written words,

I felt like it was some type of secret code or cipher.
 
"I wanna break this code!" I said to myself

and thus started the daily obsession of 

hours upon hours spent with my head buried in books,

and my ears tuned in to native spoken Japanese on cassette tapes.

  I say it was an obsession because,

the more I did it, the more I liked it. 

I was all consumed by a burning desire to achieve a certain goal.

Become able to read Japanese language newspapers and magazines.


日本語はヨーロッパ圏の言語と全く異なる言葉であり、

最初見た時には暗号みたいに感じました。

「この暗号を解きたい」という気持ちが高じて、

毎日毎日何時間でも日本語の勉強に没頭しました。

学んでいくうちに、私は日本語がとても好きになりました。

学べば学ぶほど奥の深い、

日本語に魅せられ、

日本語熱にかかってしまったのです。


I have achieved my objective.

  Nowadays, many years later, I can in fact and often do,

peruse common publications produced in this country.
 
However, things like novels, essays, commentary on political issues etc.,

are still not quite crystal clear to me.
 
Yeah, I still haven't finished my study of Japanese,
 
but at least I get to use it every day.


私は、一般的な雑誌や新聞などは、読めるようになりましたが、

小説、エッセー、解説欄などは、まだよく理解できない部分も多くあり、

もっと色々な種類の書物が読めるように、今も日本語の勉強は頑張っております。


Other than Japanese, I have also studied Chinese,

Thai, Korean and most recently Hebrew.


日本語の他にも、大学時代に中国語、

卒業してから日本語と並行してタイ語、

韓国語など、も勉強したことがあります。

2016年の1月から、ヘブライ語の学習を開始しました。



Why did I choose Hebrew for my 11th foreign language study?

Hebrew is spoken by only about 9 million people in the world,

most of whom live in Israel.

I choose Hebrew because it is completely different than

any other foreign language I have ever studied.

In other words, I have to start from zero again.

This keeps me aware of the feelings, that people have,

when they first start learning English.



なぜヘブライ語を僕の第11番目の外国語学習として選びましたか?

全世界でヘブライ語を喋る人たちは、わずか9百万人で、

その殆どがイスラエル国に住んでいます。

ヘブライ語を選んだ理由は、以前に習った外国語と

全く関係なくて、またゼロから始まらなければなりません。

いわゆる、初心を忘れない為と共に、初めて英語を

学ぼうとする人々の気持ちを改めて

実感することが毎日できるからです。


In January of 2017, I started learning Spanish.

After Chinese and English, Spanish is the 3rd most spoken language

in the world. I want to be able to speak, read and write Spanish fluently

by the year 2024. Then, I will also be able to do translation work between,

Spanish, English and Japanese.

I always need a goal to strive for.

It makes life, so much more interesting.


2017年1月から、スペイン語の勉強を開始しました。

中国語、英語に次いで、スペイン語を話せる人数は

世界で第3位です。

僕の目標は、2024年までに、スペイン語も流暢に話せる

ようになることです。そうすると、スペイン語の翻訳

の仕事も、和文英訳・英文和訳と共にできるようになります。

僕にとって、人生の面白さとは、常に目標があることで

達成することが、生き甲斐にもなっています。


Even from now on, I would like to keep on studying languages.

これからも言葉を学んでいきたいと思っています。


Languages are really interesting, aren't they.


言葉というのは本当に面白いですね。


******